読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAB by michi

ポジティブに年を重ねていくことをテーマに書いてます。

AB: 子宮筋腫と付き合うこと

私のAging beautyのひとつに、子宮筋腫と付き合っていくということがある。

 

市の検診で子宮筋腫が見つかったのはもう5年ほど前。39歳か40歳だったと思う。

大きさは3cmぐらいのが2個ほどあった。

良性のものだったけれども、成長度を見るために半年後の再検診と、子供を産みたい場合は考えないと、とおじいちゃん先生に言われた。

 

子宮筋腫と言われ、やっぱりショックだった。

不安にもなった。

 

今は1年ごとの検診で、5cmぐらいまで大きくなった筋腫。

先生からは生理時の出血量を見ときなさい、と言われている。

出血量が多くなると貧血になるからだ。

先回の検査前後に出血量が多いと感じたので、先生に相談すると、真面目顏でこう言われた。

「生理中の出血量はほぼ同じなので、一気に出るか、分けて出るかということです。

言い方を変えれば、

一括払いか、分割払いか、ということですよ。」

 

おじいちゃん先生、単純明快な説明じゃないか😚

 

人によっては、場合によっては、失礼な、と不快に取られる言葉だけれども、

私との関係だから出た言葉だろう。

 

必要なら血液検査をしようということになったが、以降出血量が安定しているので、検査はしていない。

 

同年代の女性と話をすると、出産経験者、未経験者問わず、子宮筋腫を持っている方は多くいる。

遺伝が関係しているとされているけれども、今は環境やストレスが原因となっている場合も多いよう。

 

もうこれ以上大きくなって欲しくないなあと思いながらも

うまく付き合っていくために定期検査でモニタリングを行い、

今の生活習慣を見つめる理由にもなっている。

 

年齢を重ねるごとに、いろいろ抱えていくから。